31 Views

残業続きでもうイヤ、旅行に行こう!そんなときにおすすめアートツアーのまとめ

残業、プレゼンの資料作り、報告書のデータまとめ、仕事のストレスにうんざり…。
「どこか遠くへ行きたい」そんな気持ちになる、社会人に送る「おすすめアートツアー」まとめ。
今回は「簡単に行ける」国内アートツアーに注目し3つ激選しました。


残業、プレゼンの資料作り、報告書のデータまとめ、仕事のストレスにうんざり…。
「どこか遠くへ行きたい」そんな気持ちになる、社会人に送る「おすすめアートツアー」まとめ。

アートに興味のない人にもアートを楽しんでもらおうと様々な取り組みが行われています。
そんな中でも癒しを求める方に人気が出てきているのが「アートツアー」です。
今回は「簡単に行ける」国内アートツアーに注目し3つ激選しました。
アートを取り入れて新しい旅を堪能してはいかがでしょうか?

瀬戸内海・直島でアートを堪能しよう!

引用:「ベネッセアートサイト直島」公式WEBサイト

まず、紹介するのは瀬戸内海に浮かぶ直島に行くアートツアーです。

実はあまり知られていないのですが、瀬戸内海はアートの宝庫でもあるのです。
特に直島はアート好きなら一度は訪れるべき島です。
島全体でアートに取り組み、島中で様々なアートを体験することができます。
また直島の周辺の島には豊島(てしま)や犬島(いぬじま)などアート最先端の島が数多く点在します。
直島と周辺の島に寄ってアートを堪能するツアーを計画して見るのもオススメです。

ちなみに直島にはベネッセハウスという宿泊施設があります。
アートの島らしくデザインも良く、美しい海を眺めることもできるのでオススメの宿泊施設です。

「ベネッセアートサイト直島」サイトURL
http://benesse-artsite.jp/about/

東京ミッドタウンのユビキタス・アートツアー

引用:東京ミッドタウン公式WEBサイト

アートツアーといっても、美術館巡りをするだけがアートツアーではありません。
ちょっと変わった取り組みをしている「ユビキタス・アートツアー」をご紹介します。

「ユビキタス・アートツアー」は東京ミッドタウンが取り組んでいる新しいアートの楽しみ方です。
東京ミッドタウンは2007年六本木で開業した大型複合施設です。
東京ミッドタウンには、国境やジャンルを超えた数々のアート作品が各所に設置されています。

まずツアー参加者は一台のユビキタス端末を所持します。
東京ミッドタウンを歩くと、このユビキタス端末がアート作品をナビゲートしてくれるのです。
休日の楽しみに最適ではないでしょうか?

さて端末の貸出し費用が気になる方もいるかと思います。
貸出し料金はなんと無料です。
中学生以上なら誰でも端末を借りることができます。
小学生以下の方でも、保護者が同伴していれば大丈夫です。
身分確認(運転免許証、パスポート、健康保険証、学生証)が必要ですので忘れないようにして下さい。
詳しくは公式サイトでご確認下さい。

さぁ全く新しいアートの楽しみ方を東京ミッドタウンの「ユビキタス・アートツアー」で体験してみてはいかがでしょうか?

「ユビキタス・アートツアー」のサイトURL
http://www.tokyo-midtown.com/jp/design-art/ub-tour/

ボートレースついでにいかが?「江戸川アートツアー」

引用:江戸川アートミュージアム公式WEBサイト

江戸川といえばボートレースが有名ですよね。
さて、そんな江戸川にアートツアーがあるのをご存知でしょうか?
参加人数はボートレースの実施に合わせて、各日10人限定でアートツアーを開催しています。
※ポートレース観賞込みの企画の為、お子様連れ(高校生以下)は参加不可

参加料金は1500円でツアー時間は食事も含めて3時間前後です。
ツアーに参加すると江戸川のアートを堪能できるだけでなく、VIPな特典がついてきます。
ツアー後はボートレースを特別閲覧席で見ることができるのです。
アートを堪能できるだけでなく、ボートレースも快適に見れるので一石二鳥ですね。

江戸川アートツアーの開催日時はホームページで確認できますので、チェックしてみて下さい。

「江戸川アートツアー」のサイトURL
http://www.edogawa-art.jp/contactus/

いかがだったでしょうか?
アートツアーといっても様々な取り組みがあるのです。
地域活性や集客の為など今後もアートツアーも増えていくと考えられます。
あなたの楽しみに方に合うアートツアーに出会えたらいいですね。

最新まとめランキング

通算まとめランキング

キュレーター