83 Views

癒されたい時におススメ!オシャレな美術館ウェブサイトのまとめ

仕事で、プライベートで忙しくて「美術館に行ってる時間なんてない!」という方に…。
美術館のウェブサイトを巡って、部屋でのんびりくつろぎながら美術鑑賞はいかがでしょうか?

おススメの日本国内で楽しめる、美術館のウェブサイトをご紹介します。

たまには美術館に行ってのんびり作品を眺めたい…。毎日忙しくてなかなか外出もままならない…。
そんな方にご紹介したい日本国内にある美術館のウェブサイトをまとめました。
所蔵作品を眺めてホッと一息ついて、また元気になれるといいですね。

音声ガイドツアーがある! ブリヂストン美術館

ブリヂストンの創業者石橋正二郎の収集したコレクションを元に、現在約2600点もの作品を収蔵しているブリヂストン美術館
印象派等、20世紀絵画を中心に名品揃いの美術館としても知られています。
現在長期休館中(2019年秋オープン予定)ですが、サイト上ではセザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》や、ルノワール《すわるジョルジェット=シャルパンティエ嬢》など、16作品を音声ガイドで解説を聞きつつ映像で楽しむことができます。

さらには代表作をまとめた映像や、あまり知られていない作品を紹介するページまである充実したウェブサイトになっています。
美術館のオープンも待ち遠しいですが、しばらくはウェブ上で作品を眺めて予習をするのもいいですね。

ブリヂストン美術館 公式サイト
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/

映像を通して活動を知る NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

これまで多くのメディア・アート作品を紹介してきたNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]。
他の美術館ではなかなか見ることのできない領域のアートに触れることができるスペースです。館内とウェブで視聴可能な映像アーカイヴHIVE(ハイヴ)で、アーティストのインタビューやICC所蔵のライヴ・イヴェントの様子などをみることができます。

ドラマ「あまちゃん」オープニングテーマの作曲などで知られる大友良英のトークなど、自分の好きなアーティストの話を聞いてみてはいかがでしょうか。

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]HIVE(ハイヴ)公式サイト(http://hive.ntticc.or.jp)

ダリにピカソにマグリット…美術館自慢の作品を知る 広島県立美術館

どの美術館がどんな作品をコレクションしているかわからないから検索ベースがあっても調べられないという方向けなのが広島県立美術館のウェブサイト。「おすすめ作品を見る」、「厳選30の作者を見る」という項目が用意されており、所蔵作品の中から様々な作品を見ることができます。
クレーやカンディンスキー等海外の作家や、平櫛田中、村上華岳、近年大人気の曾我蕭白の作品なども紹介。さらには刺繍布やトルクメン人の護符入れなども見ることができるのがユニークです。

古き良き時代にタイムスリップ 三菱一号館美術館

ジョサイア・コンドル設計で1894年に建設された赤煉瓦の建物を復元した三菱一号館美術館。
昔「三菱一号館」が建設された時期にあたる19世紀末の作品を収集しています。ロートレックの作品や、ニューヨークのコレクターによる美術工芸品の美しさを眺めるだけでうっとりとしてきます。作品をクリックするとメロディが流れるなんとも凝った作りのウェブサイトです。

引用:三菱一号館美術館 公式サイト(http://mimt.jp/collection/)

最新まとめランキング

通算まとめランキング

キュレーター