45 Views

24時間テレビチャリTシャツ・小松美羽の作品展とアート作品

2020年日本テレビ「24時間テレビ」のチャリTシャツは、小松美羽さんのデザイン。
今年は「動く」がテーマでした。
当日は、小松美羽さんがアートを作成。ライブペイント作品は、2054万円で落札されました。
小松美羽さんの作品について、展覧会についてなど、小松美羽さんについてを紹介します。

2020年日本テレビ「24時間テレビ」のチャリTシャツは、小松美羽さんのデザイン。
今年は「動く」がテーマでした。
当日は、小松美羽さんがアートを作成。ライブペイント作品は、2054万円で落札されました。
ここでは、狛犬をモチーフにしたアート作品で有名な小松美羽さんについてを紹介します。

小松美羽さんのプロフフィール

小松美羽(こまつみわ)
1984年11月29日生まれ。
長野県出身。
狛犬をモチーフにした作品で有名。

画像:https://www.ntv.co.jp/24h/tshirt/

2004年女子美術大学短期大学部を卒業。
小松美羽さんの作品が世に出て有名になったのは、2009年に、雑誌「Value creator」表紙絵担当(2012年4月号まで継続)、阿久悠トリビュートアルバム『Bad Friends』、『歌鬼3』のジャケットと挿絵を描くいたこと。
美しすぎる銅版画家と、メディアでもとりあげられ注目を集めました。
その後、展示会を開催するほか、限定200冊オリジナル詩画集『出会いこそ人生のすべて』を発表しTSUTAYAのオリジナル絵本、フランス文化通信省主催チャリティーイベント日仏合同展「レ・サパン・ドゥ・ノエル・デ・クレアトゥール」にて染色作家・奥田祐斎とのコラボでクリスマスツリー制作など、作品を提供しています。アーティストとしての名は、各界で知られることになり、今回の24時間テレビで、さらに有名になったといえるでしょう。

2018年、福島ビエンナーレ大山忠作美術館にて「小松美羽展~祈り~」を開催し、第一回金獅子狛犬賞を受賞。狛犬をモチーフにした作品はこの受賞から、どんどんと人気を集めています。

小松美羽作品展

小松美羽さんの作品展についてを紹介します。

小松美羽展「祈り」

期間: 2020.8.24(mon)-9.13(sun)
会場:
WHITESTONE GALLERY GINZA本館
東京都中央区銀座5-1-10
WHITESTONE GALLERY GINZA新館

24時間テレビでのライブペイント作品、そしてチャリTシャツの原画も展示。

小松美羽 展 ― 自然への祈り ―

初期の銅版画から近年取り組む神獣をモティーフとした作品まで、その代表作を一堂に展覧。

期間:2020年9月5日(土)~11月8日(日)
会場:
ウッドワン美術館
〒738-0301広島県廿日市市吉和4278

入場料
一 般 1,400(1,250)円
高大生 700(600)円

24時間テレビ ライブアート作品

幅4メートル超の超大作は、巨大な金色のキャンパスに筆と手で、時には絵具を直接塗る方法で、狛犬、平和と希望の象徴の鳩、亀と鳥、をダイナミックに描いた作品。
2054万円で落札された絵画の収益は、小松美羽さんから24時間テレビに寄付されました。

画像:https://www.ntv.co.jp/24h/articles/60rv4yhss2xqw1cuc8.html

最新まとめランキング

通算まとめランキング

キュレーター