14 Views

アートなスカーフでおしゃれ♪自分アピールで魅力をアップ!

スカーフ1枚あれば、おしゃれを演出できる。女の魅力アップにもなるスカーフのアートデザインに注目。自分らしさ、女らしさをスカーフからアピールできるはず。エルメスやコーチのブランドスカーフ、アーティストのアートスカーフなど、絵柄はさまざま。まずは、お気に入りの1枚を探してみては?

■アートとスカーフのコラボでおしゃれを楽しむ

アートとスカーフは強いつながりを持ちます。

さまざまなクリエーターとコラボ。アートとファッションを結ぶスカーフブランド『ditto』では、オリジナルのシルクスカーフを製作・販売。
過去にはアート×スカーフの「ditto」展も開催。ほかにもスカーフ&アート展のイベントも。
「神楽坂まち飛びフェスタ2018」では、1メートル×1メートル角のスカーフをキャンバスに見立て、思い思いのメッセージを最新のインクジェット・テキスタイルプリントのスタイルで表現。
アートとスカーフが理想的なカタチで存在しています。

・白いキャンパスが白い布。
・素材ひとつでも違いがでる。
・デザインはクリエイターの味がでる。
・ヴィンテージブランドのスカーフも1枚、1枚、デザインで違いがでる。

自分に合うお気に入りのスカーフをアートの世界から探求してみましょう。


■スカーフの巻き方でおしゃれ度アップ

スカーフは巻き方ひとつでも違いがでる。
どの部分が表にくるかこないかで違ってきます。

スカーフ1枚を広げてみると、その柄は様々。
真ん中は白いけれど、枠のほうは赤であったり。
これを巻くと、白い部分が多くでれば清楚な感じにもなり、赤い部分を強調する巻き方をすれば、情熱的な女性にも見える。
その日のファッションに合わせて、巻き方を工夫していけば、スカーフ1枚でおしゃれ度もグッアップしていきます。

スカーフを巻くのは、首元とは限りません。
バッグやヘアバンドなど多様的に使えます。

ネット検索すると巻き方は沢山動画でアップされいるので参考にしてみましょう。

 


■“あっ、これ好き!”ヴィンテージスカーフに着目

画像提供:恋コスメ

歴史の長いファッション界。スカーフは人気のアイテム。

ダントツ人気はやはりエルメス(HERMES)。

エルメス(HERMES)は、1837年にフランスで生まれた高級ブランド。馬車と従者が描かれたスカーフは有名柄。もともとエルメスは、高級馬具製造会社。ですから、このようなデザインに。
1枚が出来上がるまでに約2年かかっているともいわれ、時間をかけて作られたスカーフは世界中の女性から人気。

ほかにも、コーチ(COACH) スカーフ、グッチ(GUCCI) スカーフ、セリーヌ(CELINE)スカーフ、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)、Cartier(カルティエ)など、ブランドスカーフは女性が欲しくなるアイテムのひとつ。
ブランドスカーフがあれば、おしゃれ度もアップ。

自分のアート感覚にあう、好みのブランドスカーフを探しては?
“あっ、これ好き”と思えたら、買う価値はあると思います。


ヴィンテージ・ショップをチェックして“アート”なスカーフを手に入れよう。

ブランドアイテムであれば、懐かしいスカーフ、現在は生産されていないデザインのスカーフなど、いわゆるヴィンテージ・スカーフを欲しがる女性も多い。そんなときは、ヴィンテージショップを歩いてまわるという方も。

インスタグラムで“スカーフ”と検索しても相当数がヒット。全部見て回るなんて無理無理。
でも、そこから絞り込んで、ネットショップなんて検索をしても膨大な数。

目がまわりそう。
とりあえず、目に付いたショップをフォローしておくのもいいかもしれません。

いつあなたのアート感覚を満たすお気に入りのスカーフが入るかわかりませんから、お知らせをいただきましょう。

ヴィンテージ・ショップでオススメは「恋コスメ」あたり。
フォローしておけば、新アイテムが入荷したらお知らせがくると思います。

まとめ

おしゃれを演出するスカーフは、自分アピールにもなりますね。
アートなスカーフで魅力度アップ。
お気に入りのスカーフ探しを始めてみませんか?

ヴィンテージブランドショップのまとめサイトはこちら↓↓
https://vintagebrand-ranking.com/

最新まとめランキング

通算まとめランキング

キュレーター